ある意味危険なトラクションコントロール

自動車界では当たり前となっている安全装備にトラクションコントロールというものがあります。
これは駆動輪が空転しないようにするもので、タイヤにつけられているセンサーからの信号を得て、空転を認めるとエンジン出力を抑えて空転をとめるというもので今や軽自動車にもついています。
一方でバイクはというと大排気量エンジンを搭載した超高級モデルだけに完全ではありませんがそれに似たものが付けられているといった程度で自動車界のように下々のものにまで普及しているというわけではありません。
Read more

スクーターの構造とうるさい音

最近のバイクというのはうるさすぎると思いませんか?
まあ、マフラーを変えているビッグスクーターが多いということもあるのですが、一番の原因はスクーター自体の構造にあると思います。
例えば全く改造していないバイクで見たとします。
ミッションのあるバイク、いわゆるオートバイというものはある一定の回転域の中で回転をあげては変速し、そして下がった回転をまた挙げて変速しという行動を繰り返し、定速走行では比較的低い回転数で走ることになります。
しかし、スクーターは違います。
Read more