カワサキの名車モデルのダブワン

カワサキのオートバイの中で名車といっていいモデルがダブワンでしょう。
ダブワンは通称名であって正式には650-W1という名前で、「ダブリュー・ワン」から「ダブワン」と呼ばれるようになったのです。
発売は1966年とかなり前のことで、技術提供を受けていたメグロの技術を使って作られました。
624ccの直列2気筒OHVエンジンを搭載し、OHVエンジンらしい体に響くような排気音を出すことで有名なバイクです。
和製トライアンフといわれていた時代もあり、メッキフェンダーにスポークホイール、ニーパッド付きの燃料タンクにキックスターターという、まさにカフェレーサー時代の趣を持っているバイクといっていいでしょう。
このモデルで面白いのが初期モデルで足での操作が逆になっているところです。
続きを読む

スクーターの構造とうるさい音

最近のバイクというのはうるさすぎると思いませんか?
まあ、マフラーを変えているビッグスクーターが多いということもあるのですが、一番の原因はスクーター自体の構造にあると思います。
例えば全く改造していないバイクで見たとします。
ミッションのあるバイク、いわゆるオートバイというものはある一定の回転域の中で回転をあげては変速し、そして下がった回転をまた挙げて変速しという行動を繰り返し、定速走行では比較的低い回転数で走ることになります。
しかし、スクーターは違います。
続きを読む